加工別同意事項

 弊社にご依頼をいただいた時点で、本同意事項に合意されたものとみなされます。
ご依頼の前に必ずご確認下さい。

キャスト

点
鋳造の特性上、毎回ス穴等の不具合が無いようキャストする事は出来ません。
点
ゴム段(ゴム型の段差によるキャスト品に付いた線や段差)や小さなス穴、真円でない等、後加工で処理すべきものは再キャスト対応の対象になりません。お客様のほうで仕上げていただくか、磨き加工(有料)をご依頼下さい。
点
お作りいただいた製品の寸法・構造が原因の物や、機械トラブルが原因でキャスト不良を起こした場合、修正や返金等のご対応はいたしかねます。
点
地金の流れの問題で湯口位置の変更や追加をする場合がございます。
点
レースや布等の異素材にWAXを染み込ませて作ったものはキャスト不良を起こす可能性が高いです。
点
ゴム型から原型を取り出す際、原型が破損する事がございます。
点
樹脂素材の原型や中空の原型の場合、ゴム型作成の際に癒着・硬化不良・破損などのトラブルが起きる場合がございます。
点
キャスト不良・再キャストによる納期のずれ込みに関し、弊社は一切の責任を負いかねます。
 
 

レーザー刻印

点
セッティングは目測で行うため、若干の傾き等は許容範囲内となります。
点
合金へのレーザーは出力パワーの規定値が無いため、強すぎて金属が溶ける/弱すぎて文字が見えないという不良を起こす可能性がございます。その際の修正にはご対応出来ません。
点
いただいたデータの不備により失敗した場合(アウトライン化が出来ておらず余計な線が入っている等)、修正や返金等にはご対応いたしかねます。
点
文字サイズの指定が無い場合や、上下左右がわからない場合は、弊社のほうで判断・決定させていただきます。
 
 

レーザー溶接

点
強度は火を使用するロウ付けより格段に落ちます。使用の際に同じ箇所が取れてしまっても再加工は有料となります。
点
石や樹脂から近い部分を溶接する場合、火花が飛んで破損する事がございます。
点
合金は加工出来ません。
点
素材がはっきりしない・伺っていた金属と違っていた場合、加工により製品が変形・破損・変色してしまっても、修正や返金等にはご対応いたしかねます。
 
 

メッキ

点
傷、磨き残し、火ムラ、酸化があると密着不良・発色不良の原因になりますので、お客様のほうで仕上げていただくか、磨き加工(有料)をご依頼下さい。
点
メッキ液の酸/塩基により、合金や石が溶ける事がございます。
点
超音波洗浄器にかけた際の石取れ、石の紛失・破損には責任を負いかねます。超音波の振動で取れないようにしっかり留めてご依頼下さい。
点
ご指示が無い限りはメッキ前の磨き加工(有料)は行っておりません。
点
形見やアンティーク等、替えの利かない製品はお断りさせていただいております。また、ご依頼後に発覚して何らかのトラブルが起こった場合、補償・弁償には応じかねます。
点
素材不明な物、合金の製品はお断りさせていただいております。また、ご依頼後に発覚して何らかのトラブルが起こった場合、補償・弁償には応じかねます。
点
接着剤を使用している製品はお控え下さい。メッキ液が汚濁してしまった場合、使用している金の分の料金(時価)をご請求する事があります。
 
 

CADデータ作成・出力

点
作成していただいたデータのデザイン面での支障(丸カンを付け忘れた、各寸法のミス)等、弊社が把握出来ない事に関してご納品後にご指摘いただきましても、再加工・返品には応じかねます。
点
サポートの位置は弊社で決めさせていただいておりますが、ご指定いただく場合、それにより出力不良が起きても再出力料金は発生いたしますのでご注意下さい。
点
ご指示通りに作成した結果がお客様の想像図と異なりましても、修正や返金等のご対応はいたしかねます。
 
 

石留め

点
ルースをお預かりする場合、加工の際に欠けや破損を起こしても補償・弁償にはご対応いたしかねます。
点
彫り留めの留め方指定が無い場合は 4点留かコロシ留で加工させていただきます。
点
石外しの場合、すでに留まっている石を外すのは欠けや破損のリスクが高いため、補償・弁償にはご対応いたしかねます。
点
お預かりした製品の状態・寸法によっては、イラストや参考写真のように留められない事がございます。
 
 

磨き仕上げ

点
構造上磨きの工具が入らない場所は磨く事が出来ません。
点
金額と仕上がりのクオリティは比例します。
点
テクスチャか傷かわからない場合、残す/消すの判断は弊社でさせていただきます。
点
素材がはっきりしない・伺っていた金属と違っていた場合、加工により製品が変形・変色してしまっても、修正や返金等にはご対応いたしかねます。
 
 

リングのサイズ直し

点
コンビリング・石留めされているリングは火を当てられないので、レーザー溶接での加工となります。強度は火を使用するロウ付けより格段に落ちます。使用の際に同じ箇所が取れてしまっても再加工は有料となります。
点
石留されている場合、ウデを動かすとツメも動いて石が取れたり、傷が付く・破損するリスクがございます。石の弁償や補償にはご対応いたしかねます。
点
デザインの問題で真円が出せないリングは、サイズ棒ではなくそのサイズの指に入るかどうかを基準にサイズ調整させていただきます。
点
ロウ付け加工をする場合、火が当たって酸化被膜で変色したリングを軽く磨きます。その際にいぶし加工や細かいテクスチャが無くなる事があります。